カップル

海外旅行のトラブル

海外旅行保険は様々なアクシデントを想定しながら十分な保障が受けられるように加入します。自由にカスタマイズできますので、必要な保険をピックアップして保険料を確認します。その際にいくつかの保険会社と比較検討してみると選びやすくなります。

男女

ライフステージの変化

30代には結婚や子育てなど大きなライフステージの変化があります。そのため、自分にとって必要な保険を検討することが重要になります。その際には、家計診断を行って、必要最小限の出費に抑えつつ、いざという時に困らないような内容の保険にすることが大切です。

女性

リスクは増えています

年間の自転車事故は約9万件で、そのうち6000件は自転車同士や対人事故です。自転車に乗る事は被害者になる危険とともに加害者になる危険も含んでいます。お子さんが事故の加害者になってしまった時でも落ち着いて対応出来るように自転車保険に加入しておきましょう。

家

住宅購入の際の保険

新築の住宅は、建築基準法により、一定の品質を定めている必要があります。10年間は瑕疵保険が適用されるのです。中古住宅の場合、売り主が宅地建物取引業者だった場合に瑕疵担保責任を負います。個人間の売買では、既存住宅個人売買瑕疵保険に加入できます。住宅に一定の品質が認められると、加入できるのです。

ウーマン

留学するなら契約を

外国という慣れない土地で勉強を始めようとするのなら、留学保険を活用して、アクシデント時の補償を確保しましょう。治療費の支払いはもちろんのこと、通訳を用意してくれるところもあるため、適切な治療をバッチリと受けられます。

二つの万一に備えられます

女性

帳簿外に資金を積立します

法人の節税対策で活用される生命保険は、法人が契約者となり、社長等の役員が被保険者になります。法人が支払う保険料の一部の金額あるいは全額が税務上の損金として処理できる種類の商品が節税対策には有効です。多くの商品がありますが、節税対策の商品に共通していることは、解約返戻金の金額が大きいことです。節税対策の商品は二つの万一に備えられると言えます。一つの万一は被保険者の死亡です。死亡退職金の支払いや事業の継続に必要な資金として死亡保険金を充当することができます。もう一つの万一は法人の業績の悪化です。節税対策をする法人は事業が順調な場合がほとんどですが、長期的に事業を継続していると赤字決算になったり、資金繰りに窮したりするリスクもあります。そのような場合には銀行等の金融機関も融資に慎重になることが一般的です。その際に解約返戻金を活用することができます。解約返戻金は決算書に計上されない帳簿外の資産になります。簿外に資金を積立するとも言いますが、法人の業績が悪化した際に契約を解約して解約返戻金を受け取って資金繰りに使うことができます。また、解約返戻金を受け取るとその一部の金額あるいは全額が利益に計上されますので、赤字決算を回避することができる場合もあります。この種の生命保険契約における当面の目的は節税対策であって、順調な経営で利益を計上している法人が契約しますが、契約期間中に万一のことがあった場合にも備えることができるのです。