ライフステージの変化

男女

結婚と子育て

日常生活を行っていく中で家計のやりくりは重要です。しかし、主観的なチェックをするだけでは家計の改善に結びつかないケースが少なくありませんので、家計診断を第三者に依頼するのも一つの方法です。特に30代になると様々な変化が起きますので家計診断を行う大きなポイントになります。最近では晩婚化が進んでいますが、それでも多くの場合、30代に入るころには結婚をして子育てが始まります。独身生活や二人だけの結婚生活を楽しんでいた20代とは家計の状況が大きく異なってきます。共働きであっても、共働きではなくても、子育てが始まれば生活が一変するのです。その中でも大きな影響があるのが保険です。子供を守るためには自分たちの保険が重要になりますし、住宅を建てても自分たちの保険が重要になります。20代のうちは無計画に保険に入っている人や、そもそも保険に入っていない人も少なくありませんが、30代になると上手な保険に入ることが必要になります。そのためにも、家計診断を行ってどのような保険に加入しておくべきか知ることが重要になるのです。保険そのものは何のプラスにもなりませんし、出費があるだけです。だからこそ、必要最小限の出費に抑えつつ、いざという時に困らないような内容の保険に加入する必要があります。保険は常に見直しを検討して、その時の自分に合ったものにすることが大切ですので、30代になったら家計診断を行うことが重要なのです。