住宅購入の際の保険

家

事業者か個人かで異なる

せっかく住宅を購入したのに、その住宅に欠陥があったら困ってしまいますよね。新築の住宅は、建築基準法により、耐震性能等を確保している必要があります。しかし、きちんと性能を満たしていない場合は瑕疵とされます。瑕疵は耐震性能に限らず、雨水が漏れるといった欠陥も当てはまります。新築の住宅では、事業者が購入者に住宅を引き渡してから10年間、法律によって住宅に瑕疵があった場合は損害補償する義務があるのです。これを瑕疵保険と言います。この保険は、住宅の購入者ではなく、事業者が申し込みと契約を行うものです。瑕疵保険に加入していることで、住宅の欠陥を防止するために検査員による検査が行われ、一定の品質が保障されることになります。では中古住宅の場合はどうかというと、品質の保証については法律で定められていません。しかし、売り主が宅地建物取引業者だった場合は、2年以上の瑕疵担保責任を追わなければいけません。つまり、個人間で住宅を売買する場合には、注意が必要なのです。万が一、個人間の住宅の売買で購入後に欠陥が見つかった場合は、購入自身が補修しなければなりません。しかし、個人間の取引であっても、加入できる保険はあります。既存住宅個人間売買瑕疵保険です。この保険に加入するのは個人ではなく、検査事業者です。売主が検査事業者に保険加入を求める必要があります。すると住宅の検査が実施され、一定の品質が認められると保険に加入し保証が適用されます。一定の品質が認められなくても、補修して品質を満たすことで保険に加入できます。