工具

ねじカタログでいい物発見【適切なねじを探している時は電話で解決】

被害に遭遇する前に対策

建設現場

近年になって防犯対策を行なう企業が増えてきました。なぜなら、地球温暖化が進むにつれて地震や水害の被害に遭遇する確率が高くなっているためです。日本は地震がどの地方にいてもおこりやすいと考えられており、数十年後にはさらなる大地震が来ると予想もされています。また、地方の大地震であっても津波が来る危険性もあります。さらに台風やゲリラ豪雨によって社内に水が浸水してしまう可能性もあります。そのため、色々な企業の中で取り入れられているのが、吸水土嚢になります。吸水土嚢は、女性でも持ち運びができる程の軽さとなっております。この吸水土嚢は、水を含むことで数分間には、重さが数十キロとなってくれます。水害を守るには最適なアイテムとなっています。

水害を防ぐには時間が勝負となります。事前に土嚢の準備していけなければ社内に水が流れ込んでしまいます。ですが、水害はいつ襲ってくるかわかりません。水害対策の時には、何度も重たい土嚢を設置しなければいけません。通常の土嚢は、重さが15キロ以上あって設置するのに一苦労です。さらに、重たい土嚢はトラックで運ぶので、大人数を集めなければいけません。そのため、人数が少ない企業にとっては土嚢設置を諦めてしまう場合もあります。ですが、吸水土嚢なら人数が少ない企業でも利用できますし、重たい作業をすることもなくなります。吸水土嚢は、水を含んで膨らむタイプとなっています。また、水を含んでいない時はスマートな形となっています。そのため、スペースが少ない場所でも保管することができます。まだ、購入していない企業は水害に遭遇する前に対策をとっておきましょう。